太陽光発電向けケーブル

 

太陽光発電向けケーブル

①1500V PVケーブル
海外では1000V仕様のパワーコンディショナーを使用したメガソーラーが主流ですが、日本国内使用の場合、従来はJISの600V仕様の規定があるのみでした。
1000Vにすることにより600V低圧ケーブルよりも送電損失を低減でき、また、接続箱~パワーコンディショナー間の配線条数を減らすことができます。
さらに、パワーコンディショナー設置の省スペース化とシステム全体のコスト低減をすることができます。

JIS規格仕様DC1500V PVケーブル 2~38sq
(2sq、3.5sq、5.5sq、8sq、14sq、22sq、38sq)

②1000V PVケーブル
海外製の太陽光パネルを採用する場合、TUV規格仕様のPV1000V4sq単芯ケーブルとコネクタが付属されていますが、このケーブルと同一の仕様とすることができます。

TUV規格仕様 DC1000V PVケーブル1.5~16sq
(1.5sq、2.5sq、4sq、6sq、10sq、16sq)

※TUV規格とはドイツにおける安全規格でドイツの技術検査協会(TUV)において取得することで認定されるものです。




 


 

ページ上部に戻る