太陽光発電関連設備について

 

太陽光発電関連設備について

太陽光発電は太陽のエネルギーをソーラーパネルにより、直流の電気に変換してパワーコンディショナーで交流に変換するとともに、発電された電圧を使用する電圧に変換するか、もしくは、電力会社へ売電するために昇圧用の変圧器により電圧を調節するものです。産業用の太陽光発電システムでは、自家使用よりも売電を目的とすることが多くなります。
特に、発電電力が数メガWから数十メガWクラスのいわゆるメガソーラーの場合は22KV,33KVといった特別高圧(特高)により電力会社と連系することが多くなります。

こうした特別高圧の特高受電設備、変電設備はコストが高いとのイメージが強くあります。弊社は、22KVが一般的に使用されている台湾のメーカーとの関係が深く、コンテナに収納するタイプの受変電設備とすることで、コストパフォーマンスに優れたシステムを提案しています。
また、その他機器・部材を台湾のメーカーと連携して国内仕様に合うようシステム化・商品化をしています。

 
  • キュービクル
 
  • 太陽光発電関連設備 
→ 詳細はこちら
  • 変圧器 
→ 詳細はこちら
  • PVケーブル 
→ 詳細はこちら
  • 特高ケーブル 
→ 詳細はこちら

 


 

 

ページ上部に戻る